特集丨法律英語を克服

特集丨法律英語を克服

【日曜朝連載】良い法律文書(a good writing voice)は、理性の声(a companionable voice of reason)であり読み手に寄り添う丨名著精読!『Legal Writing in Plain English』第21回

問題の所在+ソリューション[各連載回に共通] Problem Statement (問題の所在)「英文契約書は好きでない」「法律英語が上達しないのはなぜ」「欧米弁護士の思考で英語の法律文書が書けない」― 法律英語のライテ...

特集丨法律英語を克服

【日曜朝連載】名札法―人物・会社を名前で示す―-or や -ee で終わる対応する用語は使用しない丨名著精読!『Legal Writing in Plain English』第18回

問題の所在+ソリューション[各連載回に共通] Problem Statement (問題の所在)「英文契約書は好きでない」「法律英語が上達しないのはなぜ」「欧米弁護士の思考で英語の法律文書が書けない」― 法律英語のライテ...

特集丨法律英語を克服

【日曜朝連載】法律家は、重要な箇所を、無意識に「過剰な定型性や冗長表現」で飾る丨名著精読!『Legal Writing in Plain English』第14回

問題の所在+ソリューション[各連載回に共通] Problem Statement (問題の所在)「英文契約書は好きでない」「法律英語が上達しないのはなぜ」「欧米弁護士の思考で英語の法律文書が書けない」― 法律英語のライテ...

特集丨法律英語を克服

【日曜朝連載】多重否定を避けない回数を増やさない(→多重否定を避ける回数を増やす)丨名著精読!『Legal Writing in Plain English』第11回

問題の所在+ソリューション[各連載回に共通] Problem Statement (問題の所在)「英文契約書は好きでない」「法律英語が上達しないのはなぜ」「欧米弁護士の思考で英語の法律文書が書けない」― 法律英語のライテ...

特集丨法律英語を克服

【日曜朝/新連載】長老「勇者になりたいなら、4人を仲間にしなさい」丨名著精読!『Legal Writing in Plain English』第3回

読者は、第3回の読了により、「思考の枠組み」という3つのうち1つの箱にしまってある第2の鍵『§2. 文書プロジェクト4ステップ:考え・調べる⇒計画して整える⇒ドラフトする⇒修正する(Carry out your writing projects in four steps: think and research; plan and organize; write; revise.)』を理解して、自分・チームの業務を改善できます。

特集丨法律英語を克服

【日曜朝/新連載】伝えたい「目的」を欠いた法律文書から卒業丨名著精読!『Legal Writing in Plain English』第2回

読者は、第2回の読了により、「思考の枠組み」という3つのうち1つの箱にしまってある第1の鍵『§1. 何かを伝えることを考え、それを徹底的に思考する。熱心な意欲を持って作業に取り組む(Have something to say, and think it through. Approach your task with a fervent desire to get your message across)』を理解して、自分・チームの業務を改善できます。