[速報] Airbnb法務 ダイバーシティで「アジアで1番」を受賞(こちら)

『困難な時代に共感力を維持する3つの戦略』メモ(1)丨ハーバード・ビジネスレビュー最新号24年1−2月号

お読みいただき、ありがとうございます。「勉強時間なんて、忙しすぎて作りようがない」―大人になった私達に広く共通する悩みです。30代前半、私は、言い訳(他責含む)を辞め、答を早朝勉強に求めました。今でも、毎朝4時台に起床し、机に向かいます。ここでは、ハーバード・ビジネス・レビュー最新号(英語)に掲載された論文をノロノロ読み、後日、講演・執筆で利用できそうな気になる論文を備忘的にまとめています。

本論文は「共感がスキル」であることを示しています。私達の職場に蔓延る「共感力が十分ではない法律職の人々」(=自己の脆弱性も含め、職人気質な人間の多い法務部門・弁護士あるある、なお、悪意はないことが多い。)は、改善できます。「共感」の学習・鍛錬に十分な時間をかけて、筋トレ同様、ちょっとずつ鍛えていくしかありません。

(*)英語力が乏しいためノロノロと順次、テクノロジーの力を借りつつ整理しておりますが、毎号素晴らしい学びがある雑誌で、私もファンの1人です。よろしければ、Blogをきっかけに、HBR定期購読(定期購読サイト)をご検討ください。

Jamil Zaki (2023). How to Sustain Your Empathy in Difficult Times, Harvard Business Review, 102(1), 62-69.

メモ
  • 共感的リーダーシップは、ビジネス界でますます重視されている。
  • しかし、共感的リーダーシップは、感情的な疲労をもたらすことも報告されている。共感的リーダーは、部下の感情の波に晒され、2020年代には、新型コロナ感染症によるパンデミックに伴う社会経済的な不安定さ等を経験した従業員を支えることが、一層重くのしかかっている。
  • 2022年に実施された調査に基づくと、中間管理職が、最もバーンアウトを感じている
  • 共感的リーダーは、従業員の感情や困難に深く関わるため、問題を自分の責任として受け止める傾向にあることも明らかになっている。
  • しかし、共感的リーダーシップと自身の健康とは両立する。心理学者であり神経科学者の筆者は「持続可能な共感」を実現するための3つの戦略を提案する。

今日はここまで。引き続きどうぞよろしくお願いします。1歩1歩。

[定期購読のおすすめ]

HBR定期購読(定期購読サイト

[関連記事]

***

ご相談・講演のご依頼などはこちらからご連絡を賜れますと幸いです。


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

渡部推薦の本丨足りない、は補えばいい