『大胆な変革を導くストーリーテリング』メモ(1)丨ハーバード・ビジネスレビュー最新号23年11−12月号

毎朝4時台に起床して、なんとか勉強時間を捻出しています。さて、ハーバード・ビジネス・レビュー最新号(英語)に掲載された論文をノロノロ読み、後日、講演・執筆で利用できそうな気になる論文を備忘的にまとめています。

最新号の特集で最も心惹かれた論文の1つでした。

創業時にはキラキラしていた企業文化も、澱み、濁り、そして、組織の風土は土台から腐り始め、やがて、事業や株価も大きく凋落していきます(そして、優秀な人から辞めていく)。脱出できず、組織に毒された人々も希望を失い、やがて変化を恐れ、自己保身のために、沈みゆく船を見て見ぬふりをして、必死に現状維持を続けようとあらゆる抵抗を続けます。そして、船は沈みます。どこの集団・組織でも聞く、人類史上ずーっと「あるある」のことです。

では、どのように変革をもたらすのか?― 理論だけではなく、まさにここに研究されている段階を追ったアプローチが重要となってくるのでしょう。

(*)英語力が乏しいためノロノロと順次、テクノロジーの力を借りつつ整理しておりますが、毎号素晴らしい学びがある雑誌で、私もファンの1人です。よろしければ、Blogをきっかけに、HBR定期購読(定期購読サイト)をご検討ください。

Frances X. Frei and Anne Morriss (2023). Storytelling That Drives Bold Change: How to craft a narrative that matters, Harvard Business Review, 101(6), 62-71.

メモ

1. 変革を導くストーリーテリング

問題特定、障害の明確化、実験の実施、異なる考えを持つ人々の信頼獲得に加えて、変革を引き出す明確で魅力的な物語ストーリーテリングを準備する必要があります。

ストーリーテリングは人々を結び付け、行動を促す力があります。

効果的なストーリーテリングの主要ステップは、①ストーリーの深い理解と簡潔な表現、②過去の尊重、③変革必要性の明確化、④厳格かつ楽観的な進路の提示です。

2. 深く理解し、かつ、簡潔に表現する

説得力のあるコミュニケーションの基礎は、理解した内容を簡潔に表現することです。

2012年にT-MobileのCEOに就任したジョン・レジャーは、T-Mobileを変革しました。カスタマーセンターの通話を自ら聞いて、通信業界の問題を把握し、『アンキャリア(uncarrier)』なる一語を用いて、新たな方向性を打ち出しました。

変化のビジョンを1ページ、1段落、1語で捉え、短い手紙のような形で表現することが重要です。

今日はここまで。引き続きどうぞよろしくお願いします。1歩1歩。

[定期購読のおすすめ]

HBR定期購読(定期購読サイト

[関連記事]

***

ご相談・講演のご依頼などはこちらからご連絡を賜れますと幸いです。


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

渡部推薦の本丨足りない、は補えばいい