24年4月 社外役員就任のご報告(こちら)

『リフレーム!― タフな問題、解決へ』メモ(6・完)丨ハーバード・ビジネスレビュー最新号24年1−2月号

お読みいただき、ありがとうございます。「勉強時間なんて、忙しすぎて作りようがない」―大人になった私達に広く共通する悩みです。30代前半、私は、言い訳(他責含む)を辞め、答を早朝勉強に求めました。今でも、毎朝4時台に起床し、机に向かいます。ここでは、ハーバード・ビジネス・レビュー最新号(英語)に掲載された論文をノロノロ読み、後日、講演・執筆で利用できそうな気になる論文を備忘的にまとめています。

本論文は、最新号で1番深く勉強したかったテーマ。例えば、2024年、「日本組織内弁護士協会(JILA)の60期・70期の若手〜中堅にもっとお役に立てるには自分は何ができるか?」―このような複雑でタフな問題に取り組みたいと考えていたところ、何から手を付けていいか、考えあぐねていました。本記事を読みながら、1つ1つその手法を私自身が身につけられるよう勉強中です。皆様も何か1つ2024年に取り組みたい会社・組織内外のタフな問を掲げて一緒に読み進めて見ませんか?大切な論文だったのでノロノロ読んでいたら2月も終わりになってしまいました。しかし、この論文、2024年に自身には大いに役立ちそうです!

(*)英語力が乏しいためノロノロと順次、テクノロジーの力を借りつつ整理しておりますが、毎号素晴らしい学びがある雑誌で、私もファンの1人です。よろしければ、Blogをきっかけに、HBR定期購読(定期購読サイト)をご検討ください。

Julia Binder, Michael D. Watkins (2024). To Solve a Tough Problem, Reframe It, Harvard Business Review, 102(1), 80-89.

論文筆者らの提唱する「E5アプローチ」(頭文字のEを”5つ”とって「E5」と推察)に基づき管理人が制作
メモ

STEP 5 Envision(問題解決に向けたビジョンと計画策定)

出典:Julia Binder, Michael D. Watkins (2024). To Solve a Tough Problem, Reframe It, Harvard Business Review, 102(1), 89. から敬意をもって引用
  • STEP5最終段階の「エンビジョン」段階では、問題の枠組みから具体的な解決策の設計へと移行する。先行する段階で得た洞察を統合し、望ましい未来の状態についての共有ビジョンを形成するのである。
  • 論文筆者らは「バックキャスティング」という技法を推奨する。
    • 目標を明確に定義。目標の実現に向けて必要な短期・長期の主要なマイルストーンを逆算して計画する。
    • 各マイルストーンには、目標に近づくための具体的な介入、戦略、イニシアティブを特定。プロセス、ポリシー、技術、行動の変更が含まれる。
    • 諸活動を時系列で優先順位をつけたロードマップやアクションプランにまとめ、計画の実施に必要なリソースを割り当てる。
    • 最後に、目標に向けた進捗を管理し、結果やフィードバック、状況の変化に応じて計画を調整する準備を行う。
  • 「バックキャスティング」のアプローチは、具体的な目的地に向けて戦略的かつ意図的にチームを導くこととなる。
論文筆者らの提唱する「E5アプローチ」(頭文字のEを”5つ”とって「E5」と推察)に基づき管理人が制作

今日はここまで。引き続きどうぞよろしくお願いします。1歩1歩。

[定期購読のおすすめ / I strongly recommend/encourage your subscription to the esteemed HBR. It’s truly meaningful.]

HBR定期購読(定期購読サイト

[関連記事]

***

ご相談・講演のご依頼などはこちらからご連絡を賜れますと幸いです。


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

渡部推薦の本丨足りない、は補えばいい