法務のバックグラウンドがない上司に疲れる丨リーガルリスクマネジメントの教科書みんなの相談室(2)丨営業時間 火曜朝

1. 本日の相談室(火曜日朝のみ営業)

若手の組織内弁護士の方

渡部先生、相談があります。

相談内容 上司が法務のバックグラウンドを持っていません。そのため、時々、法的な判断において誤解が生じ、イライラします。このような状況で、私たち法務部員・組織内弁護士に対して、何かアドバイスはありませんか?

わたなべ

共感 はじめに、法務のバックグラウンドを共有している者同士であればおそらく生じにくいフリクション(摩擦)が生じるのではないでしょうか。きっと、お仕事があなたの思うようなペースで進まないことや説明の労力でお疲れであり、このような辛いお気持ちが生じることは私は正当・自然であると思っています。「法務のバックグラウンドを持った前任の◯◯さんならもっと早く進めているのに」「弁護士事務所時代と違う」など、色々なタラレバもきっとあなたのイライラを無意識に増幅させているのではないかと思います。

私なりに心を込めた回答 非常に難しい問題ですが、2つ謹んで提言がございます。

  • 第1に、あなたのイライラや「こいつ法務のことわかってねーな」というような心のどこかに潜む不遜な態度・気持ちは、正直、上司に対して、表情や態度からチラチラと漏れ出ていると思います。
    • 滲み出る不遜な態度が状況を悪化させている可能性はないでしょうか?
    • 例えば、あなたが、いきなり何のバックグラウンドもない「経理部」にプレイヤーではなく「管理職」として異動した場合、あなたは誰よりも自分自身にバックグラウンドがないことを自覚し不安に思っていると思います。そのような状況で、「ちっ、こいつ経理のことわかってねーな」という不遜な態度・気持ちが滲み出ている部下に接するとき、あなたは日々「不安」な状態にあると思います。何とか「繕おう」と思うかもしれませんし、必死に、付け焼き刃で「それらしく」振る舞おうとするかもしれません。
    • しかし、あなたの態度は、上司ーあなた間の「心理的安全性」を残念ながら低減させている可能性があり、上司のさらなるミスや質問ができない状況を誘発・醸成している可能性があります。ですので、今の状況は、上司のバックグラウンドが単一の原因ではなく、あなた側には心理的安全性を「法務の専門家」として確保できていなかった可能性はないかという別の要因をうかがわせます。すなわち、謹んでお尋ねすれば、帰責対象に「盲点」はないでしょうか
  • 第2に、ではどうするか?―ですが、私であれば、「上司が法務のバックグラウンドを持っていない」ことは、マイナスどころか、プラスだと思います。
    • なぜなら、クライアントはそもそも「法務のバックグラウンドを持っていない」ところ、より身近な存在でありクライアントと同じ属性を持つ上司をHappyにできるようなリーガルリスクマネジメント(特定→分析→評価→対応+コミュニケーション・協議)ができないようであれば、クライアントも同様に満足させられないからです。
    • また、一度、上司の信頼と心理的安全性を確保できれば、きっと上司は法務以外のパースペクティブも貴方に与えてくれると思います。
  • 自分がどのようにその方に貢献できるか、という視点を欠いたとき、法律家は、やや傲慢な「こいつ法務のことわかってねーな」という態度をにじませます。私たちが、お医者さんに行って「こいつ医学のことわかってねーな」、不動産屋さんに行って「こいつ不動産のことわかってねーな」、銀行に行って「こいつ金融商品のことわかってねーな」、区役所に行って「こいつ行政手続のことわかってねーな」というサービスを提供されたら、それは果たして「informed decision」に資するプロフェッショナルな仕事でしょうか
  • 価値観はそれぞれ異なることを認識した上となりますが、私個人の価値観としては、それはきっと目指すべきお仕事の姿ではないのかなと思います。
    • 外資企業では、貴方以外日本法・日本文化のことは知らないなんて当たり前です。
    • 文化・価値観も異なります。そのような多様な価値観の世界で働いているとき、たかだが日本法の法務のバックグラウンドがないだけで上司を論難していては、折角のチャンスを逃していると思います。
    • どのように役立てるかを考えていったほうが幸せではないでしょうか。
  • 専門家としての自負・誇りは素晴らしいものですが、それが、組織の中で、本当にプロフェッショナルな仕事なのかは、多角的に検討する必要があると個人的には考えております。5×5のリーガルリスクマトリクスを用いるなど、上司にどのようにコミュニケーションすることが「相手の靴のサイズにあわせる」コミュニケーションなのかを考えていきましょう。苦しいと思いますが、ぜひこのチャンスを前向きにとらえ、一緒に前進していきましょう。そして、お気持ち自体は正当である点、お忘れなくです。

教科書該当箇所 渡部友一郎『攻めの法務 成長を叶える リーガルリスクマネジメントの教科書98-105頁(日本加除出版、2023)

2. お悩み相談箱(投稿は以下から受け付けております)

※お寄せいただいた大切なご相談にはできるかぎり目を通しております一方で、すべてのご質問やご相談を掲載したり、個別にご回答できるものではないことをご了承ください。上記ご了解の上でご連絡頂きますようお願いします(メールフォーム)。なお、法律相談は承っておりませんので、法律相談先のご相談は最寄りの法テラスまで、お願い致します。

[関連記事]

<後日更新いたします>

[リーガルリスクマネジメントの教科書とは?]

日米の法務の知恵がここに融合。法律家・法務部門のポテンシャル、総開花。
条文を引くように、誰しもが独学できる「攻めの法務」の基本書、心を込めて、あなたへ。


× リーガルリスクがあるから“NO”
◎ “YES” を実現するため、法務・法律家として伴走します!

企業が成長するために必要な、「攻めの法務――リーガルリスクマネジメント」の方法・プロセスを、マンガと講義で体系的に学習できる。
米国企業AirbnbのLead Counsel・日本法務本部長に就く著者が、自らの知識・経験を注ぎ込んだ、企業法務の新しい「教科書」。

【マンガ編のストーリーで「リーガルリスクマネジメント」のプロセスを追体験!】
〈あらすじ〉
大手法律事務所のアソシエイト弁護士である堤かおりは、指示を受けて業界No.1営業代理店「デンエイ」の法務部に出向。事業部の契約書や提案に対し「リスクがあるから“NO”」と回答する日々を送っていた。そんなある日、アメリカ帰りの弁護士・加古川が法務部にやってきて、かおりの「NO」に待ったをかけるようになり……?

【読者参加型の講義編で「リーガルリスクマネジメント」の実践方法を立体的に解説!】
■BUSINESS LAWYERS主催の「伝説の講義」を再編成!演習問題で、「攻めの法務」を実践レベルに導く。
■「リスクの特定/分析/評価/対応」について、クライアントへの助言方法も含めて解説。
■演習問題では受講者から出た回答例も収録。自分の回答と比較することで、企業法務の初任者・ベテランを問わず、認知のバイアスに気づくことができる。

【5大法律事務所パートナー含む、学者・弁護士・ヘッドハンター・法務役員・経営者が推薦!!】
経営支援の観点からリーガルリスクをマネジメントするための最良の書といえる
  -名取 勝也 弁護士(アップル、ファーストリテイリング、日本アイ・ビー・エムの元最高法務責任者)
最適解を見出すリーガルリスクマネジメントの神髄を学ぶ渾身の作
 -平野 温郎 教授(東京大学教授)
正解のないワクワクする法務へ
 -羽深 宏樹 氏(京都大学特任教授)
リスクの解像度を上げてチャンスに変える!スタートアップも必携
 -馬田 隆明 氏(東京大学FoundX ディレクター)
まさか、マンガにしてしまうとは! 革新的なリスクテイクの教科書
 -平泉 真理 弁護士(グラクソ・スミスクライン株式会社 法務担当取締役)
新入社員の頃の自分に読ませたい
 -依田 光史 氏(アビームコンサルティング株式会社 執行役員 CLO)
信頼される法務担当者を目指すならば、本書を読んで自分に向き合ってほしい
 -高野 雄市 氏(三井物産株式会社 執行役員 法務部長)
これは、クライアントマネジメントの教科書でもある
 -藤原 総一郎 弁護士(長島・大野・常松法律事務所)
産業育成型弁護士の開拓書
 -藤井 康次郎 弁護士(西村あさひ法律事務所パートナー)
イノベーションに関わるすべてのロイヤーにとって必読の書
 -堀 天子 弁護士(森・濱田松本法律事務所パートナー)
『リーガルリスクがあります』を卒業し、ビジネスと伴走していくための教科書
 -前田 敦利 弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー)
マンガで明快! “No”と言わない伴走型企業法務への必読書!
 -白石 和泰 弁護士(TMI 総合法律事務所パートナー)
法務最先端を疑似体験する読者の人材市場価値は向上するだろう
 -西田 章 弁護士(弁護士ヘッドハンター)
企業法務に関わる全ての人必読の法的リスク管理の「バイブル」
 -松尾 剛行 弁護士(桃尾・松尾・難波法律事務所)
法務のマインドセットを学ぶ最良書
 -染谷 隆明 弁護士(池田・染谷法律事務所 代表)
理想と現実の狭間で葛藤する企業法務人材に向けた実務必携の一冊
 -酒井 貴徳 弁護士(法律事務所LEACT 代表)
あなたの判断で、世界を変えに行こう!
 -瀧 俊雄 氏(株式会社マネーフォワード執行役員CoPA)
イノベーションを起こすには、主人公のような法務パートナーが必要です
 -吉兼 周優 氏(株式会社Azit 代表取締役CEO)
社会の前進を生みだす「イネーブル法務」に生まれ変わること間違いなし
 -門奈 剣平 氏(株式会社カウシェ 代表取締役CEO)
DeNA 時代から「事業部の懐刀」であった戦友の手紙だ
 -大見 周平 氏(株式会社Chompy 代表取締役)

(※順不同:肩書は2023年2月時点:個人の見解です)

https://www.kajo.co.jp/c/book/07/0701/40940000001

(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。

渡部推薦の本丨足りない、は補えばいい