御恵贈の御礼丨羽深宏樹『AIガバナンス入門:リスクマネジメントから社会設計まで』(2023年、早川書房)

いつも大変お世話になっております。お世話になっており敬愛する京都大学(弁護士の)羽深宏樹先生から御恵贈をいただきました。心より感謝申し上げるとともに、本Blogでもご紹介をさせていただければと存じます。

羽深先生の本書は、新書で有りながら素晴らしい情報量を秘めており、AI技術のリスクと機会をバランス良く解説した革新的な一冊です。法務部門はもちろん、経営者や政策決定者だけでなく、すべての読者にとってAIの理解を深める貴重な指針を提供します。技術的側面から倫理的問題まで、幅広くカバーし、AIの未来を切り拓くための知識を豊かにする点は、他の類似のAI系新書との差別化に成功しています。AIの恩恵を最大限に活かすための社会を目指す人にとって必携の書籍です。

ありがたき幸せ!

先生のご高著のお買い求めは、https://amzn.to/3S6wkm7 をご参照ください。

引き続きご指導ご鞭撻をどうぞよろしくおねがいします。

***

過去の論説一覧はこちら

関連する論説などを掲載したリサーチマップ(外部サイト)はこちら


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

渡部推薦の本丨足りない、は補えばいい