[速報] Airbnb法務 ダイバーシティで「アジアで1番」を受賞(こちら)

成長戦略の真実:持続可能なスピードを見極める(2)丨ハーバード・ビジネスレビュー最新号24年3−4月号

お読みいただき、ありがとうございます。「勉強時間なんて、忙しすぎて作りようがない」―大人になった私達に広く共通する悩みです。30代前半、私は、言い訳(他責含む)を止めて、答を早朝勉強に求めました。今でも、毎朝4時台に起床し、机に向かいます。ここでは、ハーバード・ビジネス・レビュー最新号(英語)に掲載された論文をノロノロ読み、後日、講演・執筆で利用できそうな気になる論文を備忘的にまとめています。

(*)英語力が乏しいためノロノロとテクノロジーの力を借りて整理しています。学びがある雑誌で、私もファンの1人です。よろしければ、HBR定期購読(定期購読サイト)をご検討ください。

Gary P. Pisano (2024). How Fast Should Your Company Really Grow? Why leaders should take a strategic perspective, Harvard Business Review, 102(2), 39-45.

メモ

では、適切な成長速度とは何か?

筆者は、「成長の速度」(pace of growth)は「各企業の機会の選択能力に見合った」(reflects their capacity to electively exploit opportunities)「目標成長率」(target growth rate)を選ぶべきであると主張する。

持続可能な成長率とは、企業が資本及び借入を必要とせずに成長できる速度をいう。人材や組織のノウハウ、運営の能力、企業文化も成長に必要なリソースといえ、成長を制約する要因足りうる。例えば、「ペロトン」(Peloton)はパンデミックの需要急増に対応するために急速な拡大を試みた。しかし、供給チェーンの限界を超えてしまい、品質と顧客サービスの問題に直面した。

他方、1956年に設立された「パルズ・サドン・サービス」(Pal’s Sudden Services)は、非常に厳格な成長アプローチを採用している。同社は、他の多くのファストフードチェーンが好む急拡大を避けてきた。1985年以降、平均して年に1店舗未満のペースで新店舗を追加し、1平方フィート[注:約0.09㎡(平方メートル)]あたり年間2,500ドル($2,500 per square foot)の売上高を誇る。同社の成功の鍵は、「リーンな生産システム」(lean manufacturing principles)「品質へのこだわり」(obsession with quality)にある。従業員は各プロセスについて数週間の訓練を受け、認定試験に合格する必要がある。店舗の成長は「管理者の育成速度」(rate at which it can develop them)に左右される。

多くの企業は成長の潜在力を「需要側要因」(demand side factors)で考えるが、「供給側の制約」(supply-side constraints)を見落としがちである。持続可能な成長率を分析し、成長の速度に伴うトレードオフを慎重に考える必要がある。

「成長」を叫ぶ経営陣。リソースが足りない「現場」。今回は、多くの経営者や経営者を支える法務関係者には、非常に興味深い論文です。持続可能な成長を科学してくれています。

今日はここまで。引き続きどうぞよろしくお願いします。1歩1歩。

[定期購読のおすすめ / I strongly recommend/encourage your subscription to the esteemed HBR. It’s truly meaningful.]

HBR定期購読(定期購読サイト

[関連記事]

後日Updateいたします。

***

ご相談・講演のご依頼などはこちらからご連絡を賜れますと幸いです。


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

渡部推薦の本丨足りない、は補えばいい