[速報] Airbnb法務 ダイバーシティで「アジアで1番」を受賞(こちら)

新規論説丨渡部友一郎「法律業務が楽になる心理学の基礎(4)上手なコーピング―問題焦点型対処と情動焦点型対処」月刊登記情報746号(2024年)72-76頁

お世話になっております。心理学(学士)・認定心理士で学んだことを共有したいと考え、一生懸命に執筆にも取り組んでおります。

さて、企業法務・一般民事を問わず、人にまつわるトラブル対処を要する法律職。イラッとする事は私達の業務ではよくあることです

加えて、経験上、弁護士の中には、人の気持ちを十分に考えられない人も少なくない印象があり、ときに「正論(と自分が思い込んでいる)は、人を傷つけてOK」と言わんばかりのメールが結構な頻度で飛んでくることがあります。その都度傷ついていては法律職をやってられませんので、心を強くして、早く回復するためにも『コーピング』をぜひ身につけましょう。

他人と過去は変えられません―この鉄則を忘れず、自身の「護身術」「回復術」を身につけることが大切と考えています。

渡部友一郎「法律業務が楽になる心理学の基礎(4)上手なコーピング―問題焦点型対処と情動焦点型対処」月刊登記情報746号(2024年)72-76頁

引き続きご指導ご鞭撻をどうぞよろしくおねがいします。

[関連記事]

***

過去の論説一覧はこちら

関連する論説などを掲載したリサーチマップ(外部サイト)はこちら


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

渡部推薦の本丨足りない、は補えばいい