【日曜朝連載】法律家は、重要な箇所を、無意識に「過剰な定型性や冗長表現」で飾る丨名著精読!『Legal Writing in Plain English』第14回

問題の所在+ソリューション[各連載回に共通]

Problem Statement (問題の所在)「英文契約書は好きでない」「法律英語が上達しないのはなぜ」「欧米弁護士の思考で英語の法律文書が書けない」― 法律英語のライティングの悩みは日本の法律家に共通します。私も、です。

ソリューション 2022年、Airbnb法務部の研修で、魔法のような体験がありました。名著『Legal Writing in Plain Englishガーナー教授から直接学ぶ機会があったのです。「できなかった」理由がすっと理解できました。そこで、毎週1記事、名著を「分析」し、一緒に(同期やライバル達よりも)法律英語に少しだけ強くなっていきませんか? ― 精読して蓄えていきましょう。

想定する読者 法律家・法務部門・司法修習生/ロースクール学生の皆様

読了により、得られる情報

ガーナー教授の教科書は、まず、「すべての法律文書に共通」する合計20のルールを与えてくれます。20のルールは、わかりやすく「3つの箱」に分類されています。今回の鍵は下記ハイライト部分に関するルールです。

第1部:すべての法律文書における原則
1. 思考の枠組み
2. 文章のフレーズ
3. 言葉の選択

目次 Garner, B. A. (2023). Legal Writing in Plain English, Third Edition: A Text with Exercises. Chicago: University of Chicago Press.

[No.13/計20] 法律家は、重要な箇所を、無意識に「過剰な定型性や冗長表現」で飾る

メモ

ガーナー教授は、格式張った言葉(pretension)、官僚語(officialese)、堅苦しい定型文(”stiff formulas”)に対する警戒を促しています。重要なのは、本質的に「人間らしい」コミュニケーション(”human communication”)であると説きます。

平易な言葉、直接的な表現、能動的な声を選ぶことで、読み手に対し、誠実さ(sincerity)と信頼性(reliability)を伝えることができるのです。

私達は、「重要」と感じる際に無意識に「過剰な定型性や冗長表現」(hyperformality and verbosity)を用いてしまいます。しかし、重要な部分こそ、よりシンプルで心に響く言葉を使うべきです。機械的ではなく(not like a machine)、生身の人間としての温かみ(warmth)と個性(personality)を文章に反映させることが、より良いコミュニケーションに繋がると結論づけています。

ガーナー教授の教科書(第3版)―敬意をもって強く推薦―

Garner, B. A. (2023). Legal Writing in Plain English, Third Edition: A Text with Exercises. Chicago: University of Chicago Press.

現在・将来、英文の法律文書を扱う法律家・法務部員の方は必携です(Amazonを見る

関連記事

<後日更新いたします>

***

ご相談・講演のご依頼などはこちらからご連絡を賜れますと幸いです。


(了)

※記事に関しては個人の見解であり、所属する組織・団体の見解でありません。なお、誤植、ご意見やご質問などがございましたらお知らせいただければ幸甚です(メールフォーム)。

渡部推薦の本丨足りない、は補えばいい